​ダクト空調工事とは

ダクト工事って、あまり耳なじみがなくイメージしにくいかもしれません。ダクトとは、おもに空調、換気、排煙といった「空気」の流れを作る管のことです。新型コロナウイルスの流行で改めて必要性が注目された「換気」、密になる環境などでは特に重要な役割を担います。

​最近では、天井のダクトや配管を見せるおしゃれなデザインの店舗も多くみられるようになりました。

マンガでわかりやすく解説→

​鉄板ダクトの自社加工取付

当社では、最新のプラズマ自動切断機などの機械設備を導入しています。自社で鉄板を切断、角ダクトなど、様々な形状に加工し取り付けていきます。

厚み0.5mm~3.5mm、幅1820mm×3600mmまでの切断が可能です。

おもなダクトの材料は、亜鉛鉄板、ステンレス鋼板、ガルバニウム鋼板であり、用途によってさまざまな材料、形状に加工いたします。

​施工実績

当社のダクト空調工事は、県内外のさまざまな工場や病院、商業施設に施工させていただいております。